男の子兄弟ママのおうちづくり♥

土地探しから始めるおうちづくりをレポします。カッコいい家に住みたい!兄弟👦育児についても書きます♪

【2020年 今からマイホーム計画するな知らなきゃ損?!】すまい給付金について調べてみた!お得な制度4つ③!


スポンサーリンク

こんにちは。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます♥️

 

今回は消費税10%での住宅取得支援策として、お得な4つの制度


f:id:myhome-mmm:20200125182715j:image

第3弾「すまい給付金 拡充」についてです!

第1弾「贈与税の非課税措置 拡充」についてはこちら↓

www.mmm-my-home.com

第2弾「住宅ローン減税 拡充」についてはこちら↓ 

www.mmm-my-home.com

 

 

※私自身ファイナンシャルプランナーの資格は持っていますが、あくまで個人の記録用にまとめただけなので、

詳細や最新の情報は国税庁や税務署等関係各所の公式HP等で確認してくださいね!

 

 

すまい給付金って??

すまい給付金とは、住宅を購入した人が現金をもらえる制度です!

平成26年4月から始まった制度で、令和3年12月まで予定されています。

そもそも、消費税が8%に引き上げられたことで、住宅を購入する際の負担が大きくなるのを緩和する目的のためにつくられたようです。

もらえる額は収入によって決まり、最大で30万円でした。

それが、消費税がさらに10%に引き上げられた今、このもらえる額ともらえる対象者が拡大されているのです!!

*前回紹介した「住宅ローン減税」と違って、収入の額によってもらえる額が変わる、つまり低所得者層ほどもらえる額が多くてお得な制度になっています!

消費税10%で何が変わる?

  • もらえる額が最大30万円から最大50万円に!!
  • 収入額の目安が510万円から775万円以下に拡大!!(あくまで目安です)

 

どれぐらいもらえる??

すまい給付金の申請条件の一つに、収入が一定以下であるというものがあります。

収入がいくら以下であれば条件を満たすのか、また、いくらもらえるのかを確認しましょう。

給付額は住宅取得者の収入と持ち分割合によって決まります。

ここでいう収入とは、市区町村発行の住民税の課税証明書により証明される都道府県民税の所得割額を基に計算されます。

ざっくりとした目安額はこちらです。

f:id:myhome-mmm:20200127153815p:plain

参照(すまい給付金とは?対象条件や給付額を要チェック!|マンション暮らしガイド|長谷工の住まい)こちらを参照に作成しました。

※住宅ローンを利用しない場合、要件が異なります。

 

もちろん、それぞれの家庭の状況で変わってきますよね。

実際にどれだけもらえるのかは、国土交通省のHPで簡単にシミュレーションできます。

サラリーマンか自営業か、年収や扶養人数等を入れるだけなので30秒もかかりませんでした。

sumai-kyufu.jp

 

 

「すまい給付金」適用を受けるための要件

すまい給付金の対象となるには、対象者自身の要件と、対象住宅の要件とをそれぞれ満たす必要があります。

 

対象となる人

  • 住宅を所有している(不動産登記上の持ち分保持者)
  • 住宅の居住者(住民票において確認できる)
  • 収入が一定以下である(消費税10%時はおおよその目安で775万円以下)
  • 住宅ローンを利用している(利用していない場合は、50歳以上であること&消費税10%時は収入がおおよそ650万円以下)

このようになっています。

登記上、所有者が複数いる場合(住宅ローンを夫婦で組んだ等)は、それぞれの要件のもと、各々の持ち分の割合で給付額を計算することになります。

 

対象となる住宅

新築の場合(住宅ローンあり)
  • 床面積が50㎡以上であること
  • 第三者機関の検査を受け、一定の品質を確認された住宅であること(住宅瑕疵担保責任保険か、建設住宅性能表示を利用する住宅など)
中古住宅の場合(住宅ローンあり)
  • 床面積が50㎡以上であること
  • 第三者機関の検査を受け、一定の品質を確認された住宅であること

 

「すまい給付金」適用を受けるための申請方法

さて、給付金がもらえることが分かったらいよいよ申請です。

申請は引き渡し後、実際に居住してから行います。

複数で所有している場合は、それぞれで申請する必要があります。

  • 窓口へ持参する場合はすまい給付金申請窓口
  • 郵送の場合はすまい給付金事務局

 

必要な書類

共通
  • すまい給付金の申請書(新築か中古か、住宅ローンありかなしかで異なります、国土交通省) 
  • 住民票の写し(市区町村役場)
  • 建物の登記事項証明書・謄本(原本、法務局)
  • 個人住民税の課税証明書または非課税証明書(市区町村役場)
  • 工事請負契約書または不動産売買契約書のコピー
  • 振込先口座が確認できる書類(通帳のコピー)
  • 売買時、施工中等の検査実施が確認できる書類(検査機関が発行)
新築の場合
  • 住宅瑕疵担保保険法人検査実施確認書
中古の場合
  • 中古住宅販売証明書
住宅ローン利用ありの場合
  • 住宅ローンの金銭消費貸借契約書のコピー

 

となっています。

申請は引き渡し後1年以内(当面は1年3ヵ月以内に延長)に行いましょう。

申請書類の審査後、通過すると給付額が書かれたハガキが届きます。そして実際に給付金が振り込まれるのは、1ヵ月半~2ヵ月後のようです。

 

まとめ

  • 住宅を購入すると現金がもらえる!
  • 最大50万、収入額の上限も引き上げ!
  • 引き渡しから1年以内(当面は1年3ヵ月以内)に申請

 いかがでしたか?収入条件の上限が引き上げられているので、対象となる方が増えています。

住宅を購入すれば自然とそろう書類ばかりですが、たくさん必要書類があるので覚えておきましょう。

最新の情報や詳細は国土交通省のHP(すまい給付金)を見てくださいね!

 

 

消費税が10%になってもお得な制度がたくさんありますね♪

忘れずに申請しましょう。

 

消費税10%でもマイホーム計画するなら今!

お得な制度 4つ

第1弾「贈与税非課税措置」こちら

第2弾「住宅ローン減税」こちら

 

次は第4弾「次世代住宅ポイント制度」について書きます!

 

maco♥